鉄(道)三昧 Part.II

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/24 5087レ、EF65-2077原色赤プレ!

<<   作成日時 : 2013/07/21 18:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月の後半は退院後のリハビリという名目で南草津までチャリで出掛けて
大カーブを上下する貨物列車の撮影が日課になっていたのだけど、3連休
初日は、国民的アイドルグループの大阪版のイベントに参加していたので、
大阪の実家で過ごしていました。

実家に帰るとやらなければいけない事は山ほど・・・・。だいぶ遡ること入院
よりもさらに前に、鉄模仲間の下僕氏へ自分のコレクションである283系の
オーシャンアローの3両増結セットを貸していたのと、逆に氏からは211系
5000番台JR東海仕様の4両セットを貸してもらっていたので、それぞれの
返却を考えていたのでした。

連休というと四国好きな^O^氏は香川へ行ってしまうんじゃ・・・・とは思って
いましたが、どうやら大阪に留まるらしい。ということが週の半ばに判ってて
土曜は氏のお宅へお邪魔することが決定。

しかし貸していたものはともかく、借りていたものは自分の手持ちの211系も
それを手本に本物らしくしたかった訳で・・・・。

ということで、このブログでは恐らく初公開?となる模型の画像なんかを・・・・
(新カテゴリの「鉄模編」登場はこのせいです。

画像



















模型趣味誌にも載った下僕氏の改造作品(奥)を手本に・・・・

タイトルと口絵(当ブログのTOPページで見開きに出る画像のこと)が一致
せんのは、こういうことだったからー_ー。

そもそも、このブログのリンク先には鉄(模)三昧という鉄模専用のブログが
存在していたはずなのに、何故にここで?

ということですが、実は・・・・鉄(模)三昧は現在「残骸」状態でしてm(_ _)m。
早い話が更新がパスワード忘れによって出来なくなってしまったのですね。
パソコンのクッキー機能で覚え込ませていたのですが、暫くアクセスしなか
ったことで忘却の彼方に。自分も必至こいてあーだこーだとパスを入れるも
帰って来るメッセージは「間違ってます」>_<。

そうであれば、もう別にええわー_ー、ほとんど記事もありきたりな車両の
紹介ぐらいやし・・・・。

ということでこの度、放置プレーを決めてしまったのでした(しかし容量的に
まだまだ無料で使えるし、知らぬ間に容量が増量されていたりもしたので、
勿体ないと言えば、そうなんだけど ̄^ ̄;。

またちょっと横道に反れましたな(いつものことやけど。

で、ブログの事はこのへんで置いておいて、なんで画像のように加工しな
ければならないのか??。

それがですねぇ、このグリーンマックスから完成品というカテゴリーで登場
した211系5000番台JR東海仕様。

ですが、もともとエコノミーキットで出ていたものをベースにしてるからか?
リニューアルした2モーターの動力ユニットとは裏腹に、トレーラー車の床下
機器パーツが実車とは程遠い構成であることが発覚しまして・・・・。

だってね、いくら模型だからって言ってねVVVFインバーター制御の車両の
床下パーツを抵抗制御、それも211系0番台とも似ても似つかない私鉄車両
とかの主抵抗器を流用しているんだから、開いた口が塞がりませんでした。

しかもマイクロエースでも考えられない4両セットで2万円越えもするのに!。

これには飛びついた下僕氏も文句ぶちぶちでしたけど、氏の改造魂に火が
ついたらしく、日本橋のG○ストアー等へ行って、必要な部品を揃えて根気
よく、そしてより本物っぽくクモハとモハの床下を再現していったんですよね
゜O゜(いつもながら、彼の工作力には脱帽ものです(そういえば、同時期に
121系ワンマン車の加工もしていたしなぁ゜O゜

でも、その作品が完成して見せてもらった時、何故か自分でもやってみたく
なったのでした。それで雑誌社から返却されたらそれを手本に自分の車両
にも同じように床下再現するつもりだったので。必要なパーツは氏の改造後
余ったものを分けてもらって。

しかしながら、それに手を付け始めた途端の9月に、自分は入院しなくては
ならなくなり、中途半端なままで病院生活に入ってしまいました。

だから、やっと2か月半ぶりに改造に着手したのだけど、雑誌にも載る様な
作品のこと、ブツに何かあっては・・・・ということで、必要な改造箇所を撮影
して画像に残せば、ブツが無くても良いでしょ^O^。ということでようやく返却
されることになったのでした。

ちなみにその前にこちらから貸していた283系のイルカはこういう改造作品の
元ネタ撮影用
でした。

そんな訳で、下僕家には午後には伺う予定でアポを取っていました。しかし
当日の朝、ふと5087レの事が気になって掲示板にアクセスしてみたら。

なんとなんと改番後唯一残った原色赤プレ機の2077牽引で下ってるって?。

南草津のカーブで撮ってみたいなぁとは思っていましたが、まさかの大阪に
滞在中に来阪運用に就くとはー_ー;。

一旦は諦めかけたのですが、ふと頭を過ったのが吹田界隈で駅撮りならば
撮影出来るんじゃないか?・・・・と。

下僕氏の住まいがある万博公園口へは実家からは京阪とモノレール乗継
すれば行きやすい。のですがこれをわざわざ京阪とJRとモノレールにして、
撮影を最優先することにしたのです。

吹田界隈と書きましたが真っ先に思い浮かんだのは東淀川でした。そこは
以前、新大阪との間に掛かる陸橋の上から、やはり原色赤プレ機であった
1079号機の5087レを撮影していました。その時もホーム上には数人カメラ
マンを目撃していました。

その時の撮影時点でも支障となる通過列車は存在せず、今回遅れもなくて
西下しているとのことだったので、ホーム上から梅田貨物線を狙えば撮れる
はずでした。

だから今回は友人宅への移動途中に駅撮りという、自分には新しい展開を
することにしました。

大阪から緩行線の207系に乗るのも久々のことでしたが、恐らく東淀川駅で
下車することも初めてだったかもしれません。

新大阪とは本当に目と鼻の先ですが、大阪を発車して淀川を渡ってからは、
ずっと進行左手ばかり見ていました。

やっぱり鉄っチャンの集まり具合がね。新大阪の京都寄り先端は貨物線の
撮影も可能なので、さぞ集まってるんじゃないかと。案の定、待機組は居た
感じでしたが、群がる感じには見えませんでした。

では次の東淀川はと言うと。7両目のドアから眺めたら既に5,6人は居る
感じでしたが、ホームに降りてみた感じではよく判りません。

結局京都行を降りてしまったので、ロケハン開始(ってホーム上だけだが。

結論から言いますと、予想していた神崎川方向は東海道本線と貨物線との
境界に架線柱が林立しており、手持ちの望遠でも架線柱が目立つ為にボツ。

仕方ないので新大阪寄りへ戻りますが、自分の乗ってきた電車から数人が
降りたようで、既に後方は場所は無くなりつつありました。

架線柱の間隔的にはホーム上半分くらい新大阪寄りが釜抜け狙い出来そう。
しかし思ったより、気になるのが本線通過側に設けられたアルミ製?の柵。

それと、新大阪を発車直後加速体制に入ってくる新快速と特急電車でした。
どうしても構図内に柵が写り込まないように構えると、体が柵から出てしまう。
でも、その状態で背後から電車が接近したら、下手すると人身になりそうで。

自分の背後には固まって数人がカメラを構えている状況なので、柵からはみ
出ると、それこそ罵声大会になりかねませんしー_ー。

それと、どうしても頭の中にあった思いは神崎川のトラスを抜けてくるシーン
から撮りたかったので、大胆な行動に出たんですが、結果は・・・・。

13:29・・・・

画像



















ピントが手前の架線柱に奪われて痛恨のピンボケボケに終わる

画像













さらに桜並木の紅葉をバックに持ってくるも、ピント改善されずorz

5087レ EF65-2077原色赤プレ!
画像













そして、手前に迫ってくるところで踏切係とコラボさせ

画像













そのまま連写体制で引き寄せ(スノプロ近くの距離票が・・・・

この際、右端に写り込んだ安全柵は仕方ないとして(もう20cm背があれば、
フレームアウト出来たかもしれないが。

予定ではこの後70mmでも撮影するつもりでしたが、レンズを戻すこと出来
なくて終了〜T_T。

やるせなかったのは最初の赤いトラス飛び出しシーンでした;_;。もし釜に
ピンが来ていたら、大胆にトリミングして掲載しているところでした。

そんなボツ当然画像ですが、そんだけ思いが強かった証として公開ー_ー。

しかし横向きに構えなおしての2枚目でも架線柱にピンが奪われ続け、よう
やく納得行く撮影が出来たのは、目前に来た時からでした。

どうやらこのホームからの撮影は梅田貨物線よりも北方貨物線が向いてる
ようです。しかし神崎川トラス飛び出しは梅田貨物線しか撮れません・・・・。

完全にPFがフレームアウトしたのをファインダー内で確認するまでシャッター
推し続けていました。無念さを晴らすかのようにー_ー。

後続のコンテナの荷も殆ど空にはなっておらず、梅小路着発後でありながら
素晴らしい編成でした。

次の電車で東淀川を離れることにしますが、手持ち撮影だったにも関わらず
撤収はビリに近くなっていました。

誰か掲示板参加者が居ていなかったか?と思いましたが、東淀川では身内
居ませんでした(と言っても、この頃はまだ誰が誰だか判っていない人多し。

無事に旅客線に被られる事なく梅田へ向かって行った5087レを見届けて次の
目的である下僕氏宅へ向かうために再び緩行線の乗客に戻りました。

ちなみに冒頭に画像付で紹介した211系5000番台の床下改造その後ですが
2013年7月20日現在、クモハ211作業中断中orz(つまりまったく進んでいない。

もはや「ヤル気」の問題ですが、どうも撮り鉄の方が気が向いてしまう^O^ヾ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/24 5087レ、EF65-2077原色赤プレ! 鉄(道)三昧 Part.II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる