鉄(道)三昧 Part.II

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/22 3092レ、真っ赤なEF81ムド付

<<   作成日時 : 2013/07/06 22:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

撮影環境の改善を図るために導入したCFアダプターによりSDHCはおろか、
SDXCまでカバー出来るようになり、その副産物として高速で書込み可能に
なったことで、念願の5087レを編成最後まで収めることには、より近づいたの
ですが、この場所では撮影に向いていない被写体が存在する事を知る事に
なりました。

撮影に向いていない被写体、はて?それは何でしょうか。

答えは、以下の画像でー_ー。

13:30・・・・

3092レ EF510-3+ムドEF81-112(プレート外し)
画像













1枚目、ムド付というのが判る唯一のショット

画像













3枚目、この時点ではまだ何となくムド付と判ります

画像













5枚目、よく拡大してみないとムド付であることは判りませんー_ー

画像













10枚目、ほぼこれまで撮影してきた下り貨物と同様の撮り方です

画像













ムド付であることを確認すべく後追い体制へ

画像













珍しく?ムド次位も満コンだったのでお顔は拝めませんでした・・・・

はい。答えはムド付の下り貨物でした・・・・;_;。

どう考えてもこの構図では撮影は向いていませんね。しかも富機の何処で
放ったままにされていたんやろうか?と思いたくなる元東日本釜だった112
号機だということでした。

僅かに後追いの1枚目で側面を捕えているのですが、サイドにあるはずの
ナンバープレートは富機で既に取り外されており、これが二度と本線上には
復帰することのない片道無動回送であることを物語っていました。

プレートが無いのに何で112号機って判るねん?!と思われそうですけども
この日の3092レに関しては北からも早い段階で目撃情報がありましたので
ー_ー。

しかし1054レの撮影から20分の待機を考えると、もっと場所をストレート区間
へと移動しても良かったかもしれません。

それでも金縛りに遭ったかの様にその場を離れられなかった自分ですorz。

それにしても思い出したかのように富山から廃車のEF81が西へ移動させて
いる感じでした。でもこの元112号機はパンタも付いており、検査を通させば
何時でも復活出来そうな釜に思えました。

くしくもデジ一眼で撮影を復活する前、湖西線での強風迂回に伴って、同じ
このカーブを曲がって来る同機牽引の貨物列車を撮影していたのですが。

2007/5/11

08:56・・・・

迂3096レ(?) EF81-112
画像














くしくも5年前、ほぼ同じ場所で現役の112号機を撮影していました

320MpixのPowershot S1ISでの撮影でデータによると焦点距離は27mm
゜O゜、シャッターは1/1600、絞りはf6.3。完全なるワンショットのみ。

この日は所謂早朝から撮影に出掛けていて、下り銀河や1051レ、1053レ、
上りきたぐにを撮影後、突然に日本海2号が出現して、湖西迂回を知った
くらいでした。

結局、迂回は午前中だけでなくその日の下りトワイライトも現場通過して
いきましたが、日本海やきたぐにが走らなくなっても、トワイライトでは時々
迂回時には姿を見せていますね。

それにしても入院中にも病院の窓から見かけた3092レの元東日本釜廃回。
行先は広島車両所だったらしく、やはり鉄屑になってしまうようでした・・・・。

112号機と言えば現在もトワイライト専用機として活躍する113、114号機と
同世代。なのに撮影の翌年には休車となり、そのまま帰らぬ人にー_ー。
EF510の増備金を政府から補助してもらうために廃車の道を行く事になった
らしいですね。

それでも600番台に改番された初期形(627,628,633)が残る中での廃車
回送は悲し過ぎましたね。ムドで通過していく際も殆どボロボロという感じ
ではなかったし、率直に勿体ないという感じがしてなりませんでした。

そのパーイチ置き換えのゴトーさんも、22号機以降は出場せずに音沙汰が
ありません。何やら東日本で増備された青いゴトーさんが早くも売り出され
富山に移籍するのでは?なんて話も聞こえてきましたけども゜O゜。

国鉄形ファンとしては、末永くパーイチには活躍して頂きたい限りですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/22 3092レ、真っ赤なEF81ムド付 鉄(道)三昧 Part.II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる