テーマ:番外編

11/25 新旧の京阪特急、時々エアライン

当初30分程度のつもりで撮影に出掛けた京阪旧3000系姿に戻った8030系 特急でしたが、目論見が見事に外れリベンジするために4倍の時間を費やし 撮影を続行してしまいました。 撮影に選んだ場所は光線を考えると反対側の方が車体側面まで陽が当たり 順光で撮れる雰囲気だったのですが、現場に着いた時に見た紅葉した木の 鮮やかな色と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/24 プラレールの機関車トーマス

勤労感謝の日を絡めた昨年11月後半の三連休は、入院中お見舞いに来て もらったお礼と、お互い借用していた模型車両の返却&談義をするために、 下僕家にお伺いしました。 行く途中、最寄駅の万博記念公園で太陽の塔を眺め・・・・ 15時手前でしたが、既に夕方のような明るさでした …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/24 コンテナと大阪モノレール

ようやく5087レに充当され、関西四国運用に就いたEF65-2077原色赤プレを 東淀川初駅撮りで捕獲後、この日本来の目的だった友人の下僕氏へ会いに 行く事に。 再び緩行線の207系に乗り、東淀川から三つ先の千里丘で降りるというパタ ーンも考えられたのですが、住まいが変わってからはモノレールの駅が最寄 なので、予定通り茨木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/23 ついに握手会に初参戦!

今(この記事で言う日付の頃)から遡る事、5か月程前にAKB48の総選挙の ことに触れていましたが、その後2番推しだったあの子が所属するNMB48 にも嵌ってしまい・・・・。 秋葉原に行かないと会えない(そんな簡単に会えるもんでもない)AKB48 よりも、難波に行けば会える(やはりそう簡単な話ではないらしいが)NMB 48の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/2 狼川の昔の姿を知る

当ブログでよく出てくる狼川。現在はガーダー式の鉄橋で越えていますが、 その昔、まだ蒸気機関車時代の頃は草津駅手前に存在する草津川の様に 天井川トンネル方式で潜っていた。というのを趣味誌の記事で目にしていま した。 国鉄それも蒸気機関車時代というので相当大昔の話ですが、その頃はまだ 石山から草津までに駅が存在しなかったと言い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/25 京阪ビールde電車(2012)

普段の土曜の撮影であれば、遠く出掛けた場合はそれなりに帰宅も遅くて 大概帰還するのは夜遅くになるものですが、この日は夜にオフ会を兼ねた、 京阪石坂線で運転されていた「ビールde電車」に乗車するため、夕方には 帰還したのでした。 オフ会というのは7/28の「近江鉄道ビア電」に乗車した時と同じTEAM3170 主催で、京都や滋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/11 福井嶺南から岐阜北部へ

北陸本線の南条~湯尾で夏季臨として走り出した寝台特急日本海の上り 大阪行を撮影後は、特にこれと言った充てもなくてまたしても放浪の旅へと 出掛けることになりました^O^;。 とは言っても一応次の目的を岐阜県北部の中津川。へと方角だけは定めて 行動することにします。しかし、ありきたりなルートでは面白くない^O^ので 福井と岐阜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/8 びわこ花火大会2012 その3

びわこ花火大会2012の続きです(字数制限のため分割していますm(_ _)m。 まさかの3ページ目突入です・・・・ー_ー; いよいよフィナーレの時刻が近づいてきました。当初最初の打上げ直後から 収録を試みようとしたものの、まさかのバッテリー切れで最初の30秒程しか 録画に成功していなかったムービー。 そろそろ約1時間経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8/8 びわこ花火大会2012 その1

2013年、明けました。新年一発目のネタは年越しのカウントダウンで打上げ られた花火。ではなくてorz、昨年の夏に開催された「びわこ花火大会2012」 での撮影記録からとなりました。 去年(2011)の同花火大会2011の時には、大阪から友人親子を迎えて地元 周辺でびわこ放送の実況を携帯で楽しみつつ、一眼レフと動画で撮影を繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/28 近江鉄道のビア電

もう今からざっと5ヶ月前の話ですが、いよいよ近江鉄道版のビール電車に 乗車することになりました。 彦根駅及びその横に広がる近江鉄道ミュージアムでサプライズと言っても 過言ではない撮影会を終えると、本来の目的だったビア電の乗客となる為 一度は出た駅ホーム上に戻ることになりました。 もちろんこの時も改札口でビア電専用のチケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/22 大阪城公園へライブを見に行く

このところ鉄っチャンネタばっかりだったこのブログにも心境の変化が現れた かのように番外編が多くなり時にはアイドルネタも飛び出してますが^O^ヾ、 今回も大番狂わせな?ネタで行きたいと思います(_ _)。 それは梅雨も明け、そろそろ夏本番を迎えつつあった大阪での話。このタイ トルと日付を見てピンと来た方は同好の氏、はたまたファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/13 膳所の超(?)有名な食堂へ行く

昨年の10月からMBS系テレビ番組のロケみつで小学生の女の子と吉本の 芸人が(何故か)ヤギを引き連れて歩き、東海道本線沿線にあるコンビニで 売られている、お菓子で当たりが出たらクリア。という「テク・テク、モグ・モグ ブログ旅」という企画が始まりました。そして10月のある日曜日そのロケ隊に 岸辺で遭遇したことを、以前にここでも記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/2 舞鶴の専用線の跡を辿る

7月初日の日曜の朝に滋賀を発って海開き前の日本海を眺めたり、温泉に 入って日頃の疲れを癒し(?)、明くる日には丹後半島を日本海に沿っての ドライブ。舞鶴へ出たことによって高島経由で帰ることにしますが、舞鶴には 前から寄りたくて仕方なかったある廃線跡が存在しました。 その廃線跡とは・・・・。小浜線の松尾寺から舞鶴東港方面へ伸び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/2 夏の丹後半島へ 後編

日曜から城崎温泉のリゾートホテルに宿泊し、翌日休暇を取って丹後半島 めぐりの一人旅を続けていましたが、目的の一つだった近畿最北端の経ヶ 岬へ行くも、登山道に近いレベルの灯台への道のりに四苦八苦。それでも 目的の灯台を間近に見つめ、また戻って来ると次なる訪問地も観光名所と なるのでした。 再び国道へ戻り宮津方面を目指します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/2 夏の丹後半島へ 前編

突然の思いつきとGWの休出分の休暇返上と、格安宿泊プランが土日には 適用されないという種々の条件から、7月初日に兵庫北部への一人温泉の 旅を敢行したわけですが、翌日は前回とは違ってストレートに帰路に就かず 丹後半島を回ってのんびりと帰ることにしました。 元々宿泊したリゾートホテルが滞在型のマンションということでたいていチェ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/1 夏の兵庫北部へ

6月最後の日と7月最初の日は土日と重なったのですが、7月初日は兼ねて から小旅行に出掛けるつもりだったので、土曜は完全に非鉄で過ごし日月の 二日間でまだ海開き前の日本海へ行ったのでした。 しかし本当は単なる温泉に入りに行くのが目的だったから、天候とかは別に 大雨になろうがクルマで行ければ良かったので、全く気にしていなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/21 ブルーレイディスクレコーダーを手に入れる

「6/3 REGZA PCを買うハメになる」について 7月の記事に行く前の記憶の穴埋めです。(またまたこういう形になってしま ったけども。 前回の記事で大阪の実家のネット環境がようやく今時の光回線になった事を 報告しましたが、その話の中で出てきた気分上々なお店でのみ3万円分の お買い物が出来る得点のポイントはその後どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6/3 REGZA PCを買うハメになる

今年の1月中旬の話まで遡りますが、9年目を迎えた滋賀の自宅マンション では住み始めた頃はmoperaというdocomoのデータ通信でネット環境を構築 していました。それがNTTの光フレッツ対応工事によって高速光通信環境へ 移行。それでずっと光フレッツユーザーで推移するかと思われてたのですが ・・・・。 マンションの大家がN…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

6/3 総選挙に投票する

このブログは鉄道趣味がメインなので、どうしてもそっち系の話題になりがち ですが、実は自分は結構昔からアイドル好きなのでした^O^ゝ。 ただ所謂ヲタの領域には遠~く及ばず、一般的に流行ってる。流行には乗り 遅れたくない^O^;;みたいな感覚で決してファンクラブに入ってる訳でも無く 知識もそれほど持っていません。(握手会も劇場に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4/15 樽見鉄道の撮影後は・・・・

「4/15 桜並木の樽見鉄道」について 5月の記事に行く前に記憶の穴埋めです^O^;(こういう形での記事追加は 初めてになりますね。 4/15木知原で樽見鉄道DCの撮影後に長良川の江崎道へ向かった・・・・。 と、書きましたが時間の開きの矛盾と携帯カメラの中身を再チェックした結果 またしても抜けが発覚しましたorz。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2/11 京阪おでんde電車

滋賀を拠点に活動するTEAM3170の主催で京阪石坂線を往復するおでん de電車に乗車するというオフ会があったので参加してきました^O^。(って 冬の話だけどorz。 京阪石坂線では年2回、夏と冬に2両編成をまるごと貸切って車内にテー ブルを設けて夏はビール電車、冬はおでん電車として浜大津を起点にして 坂本~石山寺をそれぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/14 越美北線

成人の日絡みの3連休も過ぎてようやく始動した感のあった2012年ですが 次の週末は福井へ日本海を撮影に行くんだ!と意気込んでみたけど実際 週末を迎えると早起き出来ない自分が居ました。 早起きと言っても敦賀以北で日本海を撮影しようとすると夜明け前の5時 ぐらいには滋賀を発たないと名神と北陸道を使っても九頭竜川には間に 合いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12/24 雪上ドライブ

いよいよというかようやくというか2011年最後の記事となりましたが、真夏 にもなろうかという頃に真冬の話です。猛暑の中で半年前の雪景色を思い 出しています^O^;。 滋賀県東部、彦根市内を流れる宇曽川の堤防から梅田へと向かう貨物 列車の撮影を終えた後は、その2週間前に福井市内で入手していたスタ ッドレスタイヤの性能を試した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12/10 皆既月食を撮る

12月に入って意外と番外編の記事が続くのは気のせいとして^O^、10日の 夜は地球が太陽の影となることで満月がすっぽりと隠されて起こるという 皆既月食の日でもありました。 これまで月食というのはそういう現象があるというのは知ってはいましたが その日天気が悪かったり、時間が過ぎていたりとかで実際に観察すること などはしてこな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12/9 梅田芸術劇場でオールナイト

師走に入ると早朝の撮影は不向き・・・・。そんな気持ちから12/9の夜には 梅田で開催されるとあるイベントに参加を決めていました。 梅田で開催されるとあるイベント。というのは「世界のCMフェスティバル」 というもので、その名の通り世界各国で製作され放映されるコマーシャル 映像を「夜通しかけて」劇場で上映するというもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/27 八草峠と夜叉ヶ池

11月最後の週末にしてようやく秋の北びわこ号の撮影に来たものの人の 寄り付かないような場所で午後の3号を撮影しようとロケハン。しかし予想 裏切られ3号の撮影より周辺の紅葉散歩に勤しみ^O^;、我に返って米原 への回送前後に来る4076レで面目を保つも、どうも紅葉散歩が捨てられず 2本目の米原回送撮影後はまたしても岐阜県境へ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

11/27 5087レと北びわこ回送と4076レ

2011年秋の運転としては運転日終盤になってようやく撮影に挑んだSL北 びわこ号。その1号を高時川で背後にうっすらと雪を頂いた伊吹山バックで 撮影を終えると、これまでSL北びわこ号を撮影に来た時とは違い梅田行の 5087レを撮影するためにマイヒコへと直行するのでした。 これまでSL北びわこ号撮影行というと午前の1号木ノ本到着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/19 夜の神戸空港

鹿児島の友人じじぃ氏と共に土砂降りのスマシオで高松タ発の72レを撮影 してから、その2時間後の高松タ行の73レを撮影するつもりで塩屋付近へ 移動するも菅公橋上の歩道は道路工事中で完全閉鎖という運の無さ・・・・。 仕方なく午後の日本橋巡礼の為に高槻行きに揺られて大阪へ向かう事に なりました。 前回4月の時も日本橋の模型店を巡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/5 大阪駅できたぐにを見送る

吹田工場の一般公開で合流した友人のかぶぬしの下僕氏から、その夜に 呑み会をやるので来ませんか?と誘われたので今度はクルマではなくて 地下鉄利用で梅田まで。 実は一般公開の場で聞いた時はあまり気が進んでいなかった自分。という のもその会は下僕氏の友人ばかり集まるので、初対面となる自分は恐らく いや完全に浮いた存在になるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more