3/17 細呂木で定期最終日本海を撮る

深夜の米原で梅田貨物行最終ワム貨と新潟行定期最終きたぐにを撮影を
終えて撤収となるのですが、当初から予定していた定期最終日本海を福井
県内で撮影するために深夜の大移動をすることにしました。

ただ当初の予定と違ったのは自分のクルマではなくて、都合いち氏の車に
便乗することになったことでした。

理由はただ一つ。自分のNCP10には高い脚立は載せられない。からでした。
いち氏の車は1BOX車なので後部座席を片付けると広いスペースが生まれ
ます。そこに2mと1.5mの脚立2脚を収納されているのでした。

現在(いま)となっては自分も1.2mの脚立を後部座席に無理矢理収納して
撮影地に乗り込んではいますが、まだこの頃は高さ60cm程度の低い脚立を
リアハッチに積んでいただけだったのですー_ー。

これまでSL北びわこ号撮影等でその脚立に乗れば大概の人の頭の上には
構図を確保することが出来ていましたが、最近は1m級の脚立での雛壇等は
ザラであり、今回行こうとしている撮影ポイントも雛壇形成の可能性は否定
出来なかったので、自分の低い脚立では到底太刀打ち出来ないということで
今回は(も?)お世話になることになりました。

でも1台で行くとなるとお役御免となった自分のクルマは米原に置いて行か
ないといけませんでした。現地ではもしも高い脚立が必要になったとしても、
2台連ねてとは思いましたが、駐車場所の問題もあるし燃料の問題もあるし。
で、結局便乗で撮影地へ乗り込むことに決定^O^。

そうと決まれば空いているコインパーキングを探す必要がありましたが国道
沿いの住宅地傍に空があり、深夜なので爆音マフラーの音を気にしながらも
駐車完了^O^ヾ。

こうして米原を出発することになったのです。行き先は計画では九頭竜川の
堤防でしたが、自分が千里丘やオノワニで撮っている間に、いち氏は芦原を
攻略し続けていた^O^のと、あともう一息で細呂木という有名ポイントという
ところだったので、その一息を後押しする形で細呂木カックンに変更しました。

自分にとって細呂木では日本海を撮ることは念願でもありましたし、冬場の
遅4076レ撮影である程度の手応えは掴んでいたので気負いはありません。
ただし獲物は一流です。現地マルヨも当然考えられました。だから早く行って
様子を確かめないといけませんー_ー。

それでもドライバーは自分じゃないのでペースはすべてお任せです。けれど
意外にも早く下道オンリーながらも米原を発って3時間くらいで細呂木付近に
到着してしまいました゜O゜。

先ず気になったのはマルヨの車があるかどうかでした。陸橋下の駐車スペ
ースには明らかに同業者と思われる他府県ナンバーが止まっていました。
しかしながら見かけたのは2台でした。

とりあえず止まって撮影ポイントの状況を確かめます。やはり既に置きゲバ
での場所取りはされていました。でもまだ立っていたのは2,3本という感じ
でした。

これを見てまだ大丈夫という気があったのと、少なくとも夜明けにならないと
動かないのではないか?ということで、いち氏が撮影ポイント探しで攻略
した大聖寺方面まで足を運ぶことにしました。(この時、二人でゲバを置くの
忘れなければ、もっとマシだったのですが・・・・。

そんな訳で細呂木駅を通り過ぎて牛ノ谷から国道8号へ出て石川県入り。
先ずは自分が雷鳥87号を撮影した冬季通行止めの踏切へ案内。その後
その少し牛ノ谷方へ戻った築堤付近へいち氏が案内。

しかしやっぱり細呂木のポイントの状況が気になるので早々に戻ることに。
でも悪い予感は的中しました。ちょっと道草を食ってる間に関西や関東の
遠征組が集まっていたのです。当然置きゲバも数本増えてましたorz。

これを見て大慌てでゲバを準備した自分。しかし既に時遅しでしたー_ー。
ゲバの並び方からして間に空きを見つけるには無理がありました。もっとも
線路から離れた場所に並べると上り線の架線柱が被りました。

正直暗闇で細呂木駅構内もよく見えませんが、なんとなくレールが縦には
畝っているように見えましたので、とりあえず線路に近い側に自分もゲバを
置きました。後は夜明けを待って状況確認です。

置きゲバしておけば仮眠はゆっくり出来そうでしたが、やっぱりよく眠れない
まま夜明けを迎えました。

ところが滋賀では持っていた天候が朝を迎えると予報通り崩れてしまいます。
いつの間にかフロントガラスを本降りの雨が濡らしていましたorz。(来る道中
でも小雨の時はありましたが・・・・。

夜が明けてはいましたが、周囲には遠征組と思われる車が集結しています。
既に初電は走っている時間ですが、まだ撮影をしている人影はいません。

逸る気持ちはありましたが目覚めと共に予期せぬ事態が自分に襲い掛かり
ます。(そんな大袈裟な話じゃありませんけど。

それはお腹の調子が・・・・^O^;;;。別に極度の緊張とかした訳ではないの
ですが、(確か)エアコンを掛けてもらっていたにも関わらず、この時期車内
での仮眠は不味かったらしく、言うことを聞いてくれなくなったのですorz。

これは早く手を打たないと不味い状況。とりあえず雨の中傘を挿して駅まで
行って来ないといけなかったのですが、お○らし寸前まで迫っていました。

恥ずかしながらも状況を説明しました。すると車で駅まで行ってもらえる事に
m(_ _)m。(本当に救世主とはこのことですよね^-^。

数十分は掛かりそうな細呂木駅までものの1,2分で到着。すぐに用を足し
無事に撮影現場へ復帰完了~。

しかし自分の体調は戻っても回復しないのは天候でしたorz。雨が止まない
傘挿し撮影はほぼ決定にー_ー。

なのに周囲には定期最後の日本海の雄姿を納めるべく多くの人が集まり
始めていました。気になるのは深夜にゲバを置いた線路際です。

するとどうでしょうか、なんとゲバが横に並べられたその後ろにさらに大型
三脚やら脚立が置かれてるじゃないですか。一目見てこれで雛壇形成は
確実という状況でした。

自分がゲバを置いた位置は線路に近い場所だったのにその横にもゲバが
置かれていました。しかし自分の位置もこのポイントでの撮影としては?に
なることが判明。

しかし時既に遅しでした。もうゲバも自分自身も入る隙は中程には無くて。
さらにいち氏も最初場所取りしたところでは納得行かないらしく早くも2mの
脚立登場で雛壇に加わりました。

自分も一瞬もう1台の脚立を借りようか思案はしましたが、雨が酷い上に
脚立上で傘挿し手持ち撮影程怖いものはありませんので、9002レが来る
前の貨物撮影で様子見することに。(様子見って言ってられないですが。

6時を過ぎるといよいよ皆さん各自のポイントに来るようになりましたが、
肝心の練習台になる列車はなかなか来ません。上り線の様子を見る限り
後方までは写りそうですが、それでも「への字」になるかは微妙です。

すると細呂木駅の上りホームに列車接近を示す表示が点滅したのが見え
ました。暫くして彼方の右カーブから黄色っぽいヘッドライト。でもホームで
止まったように見えました。どうやら福井方面の普通(初電)のようです。

さらに暫くしてから発車して目前に迫ってきました。しかし2両編成で短い
ので「への字」の検証が出来ません。(よって撮影は見送りorz。

やっぱり貨物が来ないと・・・・。そんな事を思いながら何度もファインダー
越しにピント調整していると、再び接近表示がホームに。

やがてヘッドライトが見え始めました。それは明らかに機関車のもの。

06:39・・・・

3096レ EF81-117
画像













どうやらまたEF81運用に戻ったようですよ

轟音と共にコキ50000系が通り過ぎます。下り線からでも幾分か離れては
いましたが、それでも迫力と風圧を感じるくらいでした。

まだ貨物に関しては改正後の全容が明らかになっていませんでしたが、
代走ではないように思えました。

そして肝心の写り具合ですが圧縮された「への字」でした。もう少し引いて
撮りたい気持ちはありましたが、タイガーロープが復活する地点なので、
写り込みは避けたい気持ちが勝りました。

とりあえずこの場所でも「への字」にはなることが判ったのでそのままこの
位置で撮影を続行することに決めます。

しかしこの後、さらに前方でセッティングするお方が現れました。その姿は
何処かで見たような・・・・^O^;。素早くやぐらを立ててさらに脚立上で待機
するその方は、ビール電車等のオフ会で顔合わせしていたシンキト氏。

毎週のように東北方面へ出向き、陣場~白沢のトンネル抜出しや大釈迦
などなど数々の有名ポイントを総なめ(?)するほどのガッツ溢れる遠征を
されてる今や自分が師匠と崇めるお方の登場だったのです゜O゜。

深夜このポイントに着いた時、黒い京都ナンバーの軽が居たのは見ては
いましたが、まさかそれがそのお方だったとは・・・・。

それはさておき・・・・、もうすぐしたら7時。9002レ通過まであと10分程度と
いうところまで迫って、自分にはちょっとした不安を抱える事態が訪れて
しまいました。

06:49・・・・

4004M 681系 サンダーバード4号
画像













なんと、編成後方までが写りませんでしたorz

シャッターは連写しているので少し手前から切り始めてはいましたが、
先程の3096レのEF81とほぼ同じ位置だと後方の付属編成が前寄りの
車体で隠されてしまいました。

これはあともう少しで来るであろう9002レ日本海でも起こり得る事態で
もしそうなってしまったら、きっと後悔する結果になることは目に見えて
いました。

あとこのサンダーバード。実は少々遅れておりました。芦原温泉には
6:50が定刻なので、ざっと3分~5分は遅い通過だったようです。

となると9002レも若干遅れてるかもしれません。雨のせいなのかそれ
とも・・・・ー_ー。

先行のサンダーバードの撮影結果から不安が隠せないままでしたが
その後には忘れていたもう1本の上り貨物が。

06:55・・・・

1072レ EF81-115
画像













貨物ならば一応「への字」に見えるのですが・・・・

すっかりその存在を忘れていた南福井行の1072レ。こちらは改正後でも
EF81のままで維持したようです。となるとこの辺では7時手前に2本もの
パーイチ貨物が通り過ぎることになります。ただ今回は見送りましたが、
パーイチ貨物は下り3091レも存在します。なのでうまく行けば3本のパー
イチが撮影可能なのです。(さらに今後臨時日本海が走る日ならば4本
撮影出来ることになるんですよね゜O゜。

ということは日本海が毎日走らなくなっても、短時間で北陸貨物だけでも
お腹一杯になれるかもしれないのです。(ただし定刻ならば、ですが。

撮影結果に不安を抱えながらも先程の1072レの結果でもしかすると後方
まで写る可能性を見出していました。時はついに7時を迎えます。定刻で
あればこの日までの情報ではもう現れても良いはずでした。

でもやっぱり遅れが発生しているようで、細呂木駅の先のカーブは沈黙の
ままですー_ー。

でもその定刻の時間から5分。細呂木駅ホームに列車接近表示が出ます。

いよいよその時が来たのか!!。

07:06・・・・

9002レ EF81-108+PC24系x11B 定期最終上り日本海
画像













ピントはバッチリ、編成も何とか「への字」、でも露出が・・・・?

通過時は本降りの雨でした。別に廃止じゃないけど涙雨とでも言うのには
ちょっときつい降り方でしたね。

予め目前の片持ちポールにピンを合わせてMFにしていたので心配された
ハイビームを拾ってのピン失いは起こりませんでした。

それより心配だった編成後方ですが見ての通り何とか4両ほど写りました。
実際はポールの手前から連写開始していたのですが、それでも1両しか
差が出なかったので、やっぱり構図的にも選択ミスは否めませんー_ー。

ちなみにこの時刻ですが私の記憶では離合するように金沢行の521系が
通り過ぎたタイミングだったように思いますが(いちさん、どうでしたっけ?。

しかし大方の同業者が振り向いて後追いをしていたのに、動画を録ってる
訳でもなかったのに自分は目で後を追うだけでした。この上り列車はカニ
0番台白帯というある意味理想的な姿を維持した車両が繋がっていたのに
画像に残せませんでした;_;。(いち氏はきっちり捕獲されていますよ゜O゜。

最初の3096レからそうでしたがやはり天候が悪かったのでF2.8でも暗いな。
という画ばかり量産してました>_<。

今でももしあの深夜の到着時の2,3本の時に場所取りしておけば・・・・。
そう思ってしまいます。でも今回の遠征は同乗させてもらって果たせたので
文句は絶対言えません。というか言ってはいけません。

改正後も順調にGW、夏季と臨時スジとなって走り続けてはいますが、未だ
リベンジということは果たせていません。でもまだチャンスはあると思っては
いますが、何時行けるようになるか・・・・。

9002レが芦原温泉へ向けて走り去った後、いつもの如く潮が引くように皆
慌しく撤収していきましたが、自分達は元々追っかけは考えていなかった
のでゆったりとしていました。

前方で撮っていたシンキト氏も素早く撤収されてましたが、ちょっと挨拶を
交わす余裕はありました。(他にも現地で出会った顔見知りは居ました。

どちらも撮影地で会ったのはこれが初めてでした。なんとなくですが、凄く
親近感があったように思います。

こうして深夜から現地入りした定期最終日本海捕獲の遠征は終わりました。
でも再び米原までは戻らないといけません。

そしてこの後も改正後の撮影は続くことになるのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年10月28日 18:25
ピントばっちりですね。私は甘々になっていました。orz
2012年10月29日 22:58
ピント甘かったんですか。でも構図は凄く理想ですよ。
いつもハイビームではやられっ放しなので、この時ばかりは入念に合わせました。

この記事へのトラックバック

  • 3/17 9002レ EF81 108 日本海@細呂木

    Excerpt: 米原を出たのが1:30過ぎ。 小雨の降る中、北に進路を取り国道8号線で現地入りします。 Weblog: いちの休憩所 racked: 2012-10-28 18:18
  • 3/12 4002レ 日本海

    Excerpt: 3/12は雪の予報で、雪景色で撮影したかったので予め休みを取っていました。また、3/11は聞いていた場所に行けなかったので3/12はもう一度芦原温泉~細呂木に行ってみました。 Weblog: いちの休憩所 racked: 2012-10-28 18:18
  • 3/11 4002レ日本海

    Excerpt: 次のダイヤ改正からは定期列車がなくなる特急日本海ですが新疋田駅付近で撮影する事が殆どでした...。 Weblog: いちの休憩所 racked: 2012-10-28 18:19