3/15 シキ180回送される 

いよいよダイヤ改正まで1週間を切った真ん中の木曜日。そろそろワム貨
終焉へのカウントダウンが始まったのですが、なんと朝に稲沢へ上る返空
輸送は前夜6171レを牽引したEF200-6が単機で通過。撮影に出るつもりが
モタついてしまって間に合わずorz。結局それが幸いだったのか・・・・。

それにしてもまさか単機とは思いもしませんでした。火曜の早朝に6171レで
梅田に到着したワムが木曜発の6170レで回送される訳ですが、単機という
ことは梅田に置いておくということで、ラストウイークの中では少し衝撃的な
出来事でした。

で、結局画像として残せなかったので今回の記事は夕方に地元を通るシキ
180回送の9891レの話題となるのですが、先に暴露すると実はこれも結局
空振りに終わるのでした・・・・orz。

という訳で9891レの画像を楽しみにしていた方々には非常に申し訳ないの
ですが、なぜ空振りになってしまったのか?というのを画像付きで解説する
ハメになった訳ですー_ー;。

その9891レは聞きなれない列車番号ですが横浜羽沢から梅小路貨までで
列車そのものは宇都宮から西浜までのシキ180を回送するものでした。
西浜到着後は変圧器を積載して大阪タまで3往復しました。

これまで特大貨物というと大型のシキ610とかシキ800とかでしたが、今回
使用されたシキ180はもちろん見るのも初めての車両でしたし関東ではよく
運用に就くようですが、恐らく関西に来るのも初めてなんじゃ?でした。

だから仕事は定時で切り上げて速攻で帰宅。リュックに白レンズ装着した
一眼だけ詰め込んで、チャリで近くの狼川へダッシュしたんです。

狼川へ来るのもだいぶ久々のことでしたが、前情報ではEF65PFとシキ180
だけということで長さ的にも短いので、大カーブを走ってくるのを望遠から
広角(70mmが限界ですが)で数ショットは狙うつもりでした。

家を出て最短ルートで狼川へと出て琵琶湖線へ向かうと、橋のたもとには
見慣れない黒いステーションワゴンが止まっていましたが、構わず築堤へ。
すると珍しく先客の姿が゜O゜。

でもそれは以前からこの狼川では出会いやニアミスを繰り返してたみや氏
でした。やっぱりというか情報を入手しての出撃だったそうです^O^。

ただ9891レの通過時刻まではあまり余裕が無いので久々の再会ながらも、
既に撮影モードに突入しなければなりませんでした。

ふと上り外側に何か接近してくるのが見えます。時間的には草津線か。

17:37・・・・

画像













なんで湘南で統一しないの??

目の前に現れたのは両端だけが湘南色のなんだかなぁ・・・・な113系4連
でした。日曜にオノワニで永原行でも撮影していましたが、今回は大写し
出来ましたね。

ところで9891レは梅小路には18:07着との事前情報でした。ただ能登川で
15分遅れという話があり、どうも定刻でない様子でした。もし定刻ならば、
この付近の通過は米原からのSL回送とよく似たスジだったので17:30~
40あたりですが、遅れてるとなるとラッシュ時間帯と重なるので正直読め
なくなってしまいます>_<。

いったい何時頃になるかなぁ。もし15分遅れてるとしたら18時前ぐらいの
通過になるなぁ・・・・。そうなると日没も考慮しないといけませんし最悪は
撮れなくなるかも知れません。

そんなことを心配していると視線の先の南草津駅に何か並ぶヘッドライト。
しかもその2つは動いているように見えます。次の瞬間外側はEF65PFの
ように見えました。

あれは・・・・来たんじゃないですか!とみや氏に言う自分、しかしその横
にはぴったりと223系が寄り添っています。

え?マジ?!、早く抜けてくれ!(223系に対して

しかし223系は加速しようとしません。とにかく撮影出来る体制に持ち込む
自分。

17:40・・・・

画像













願い空しく完全に被る状態での通過でした・・・・orz

それは、まるで内側の223系回送にガードされているかのように感じました。

とにかく普通や新快速であれば大カーブの間に加速して、うまくいけば先に
通過してくれて、辛うじて外側の貨物は撮影ということは4076レ等で経験済
でした。

しかし今回の場合は回送でしたし、この先の瀬田駅の場内が黄現時だった
のか速度を上げてくれませんでした。

結果9891レを牽引していたEF65と同調する速度で通過となり223系が壁と
なって全く写せませんでした。

いや全くではなかったのですが・・・・。

画像













223系の奥にPFのパンタだけが少しだけ写っていました(爆

正直笑ってられませんが、この後さらに悲劇は続きます。なんと後追い
すらも出来ませんでしたorz。

223系は後追い態勢のファインダー内でも9891レを隠し続けました・・・・。
やっと姿を見せた時は、もう200mmでも石ころぐらいしか見えずシャッター
押す気にもなれませんでしたT_T。

そしてそれは横で撮っていたみや氏も同じだったようです。ふと氏が反対
側に行くべきだったかなぁ・・・・と漏らしました。

全くの想定外でした。ひょっとして定刻だったらこんなことにはならなかった
かも知れません。(でもこの時刻だったら定刻のような気もするが?

実は本当は編成が短いということと、SL回送とスジが似てるということで
下り線側へ行こうかと迷っていたのでした。しかし定刻だったら向こう側へ
向かっている間に、間に合わなくなる可能性も高かったので苦渋の決断
だったのですー_ー。

しかし、まさかそれが裏目に出るなんて・・・・orz。

落胆の中でカメラを仕舞おうとしたら南草津を発った京都行の113系が。

17:43・・・・

画像













抹茶ですが車体更新は運転台周辺のみの編成でした

画像













斜陽の中でもあんまり反射してくれませんでしたね・・・・

形式によっては青虫とか言われたりするこの地域色単色化編成。古く
から通勤形では採用されていた一色塗りですが、近郊型の113系では
やはり違和感が大きいです。ちなみに湘南色の緑とは色味は全然違い
ますね。

結局現着してからの間で撮影した枚数は5枚。200mm望遠から70mm
までの間に、シキ180のディーテールを余すことなく捕らえるつもりが
まさかの撮影ゼロに終わり、ノッチを切ったまま走行した回送運転手に
勝手に怒りをぶつけていましたー_ー。

問題の回送ですが、その昔8864レが17時台通過だった頃にも存在した
ので、数年経った今でもスジとしては同じまま存在するみたいですね。

お互い残念な結果になった自分とみや氏でしたが、この後すぐ撤収?
ではなくて、意外にもその場で話込んでしまいました。

それは来る途中で見かけた1台の黒いレガシィ。その主がみや氏だった
のでした゜O゜。以前はパオという日産車で来ていたのですが、お乗換え
されたそうで。

しかもビルシュタインのエンブレムが輝くGT-Bと来たじゃありませんか!。
かつての友人にも多いレガシィ派。スバリストは一時期考えたこともある
くらいだったので事の外話が弾んで、日没まで会話は続きました^O^;;。

でも、それが仇となりました。もともとすぐ撮影後すぐに帰ってくるつもり
だったので薄着で出てきていました。3月中旬でも日没後は気温は低く
なります。

結果、帰宅すると風邪ひたみたいで・・・・(これは自分の手落ちですが。

まったくツイていない3月ど真ん中の夕暮れの撮影でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年10月24日 21:07
こんばんは。
私のブログにトラックバックしました。
2012年10月25日 00:27
トラバ、了解です。しかしこちらからは内容的にリンクしないのでそちらへのトラバはしないことにします(_ _)。

この記事へのトラックバック

  • 3/15 シキ180 回送

    Excerpt: 西の方でシキ180が使用されるということで東海道を下って行きました。 Weblog: いちの休憩所 racked: 2012-10-24 21:06