鉄(道)三昧 Part.II

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/23 ついに握手会に初参戦!

<<   作成日時 : 2013/07/21 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今(この記事で言う日付の頃)から遡る事、5か月程前にAKB48の総選挙
ことに触れていましたが、その後2番推しだったあの子が所属するNMB48
にも嵌ってしまい・・・・。

秋葉原に行かないと会えない(そんな簡単に会えるもんでもない)AKB48
よりも、難波に行けば会える(やはりそう簡単な話ではないらしいが)NMB
48の方が、もっと身近に感じる。

からか、どうか判らないけど^O^;、8/8にリリースされた5thシングルだった
「ヴァージニティ」のTypeCだけを発売と同時にCDショップで購入してしまい
ました(まだ3タイプ一気に揃える程、嵌っていなかった^O^ゞ。

ちなみにタイトル曲の「ヴァージニティ」とはこんなんでして・・・・。



ちょっと昭和の雰囲気がするラッパの旋律、なんとなく「アイドルの曲」らしく
ない歌詞、そして体育祭?のような印象さえするダンスが新鮮でした。

さらにカップリングの曲「妄想ガールフレンド」は、CMのタイアップ曲となり
その頃には、よくテレビで流れていましたっけ。



どっちかというと、タイトル曲よりカップリングの方がアイドルっぽい曲ですが
MVでは北海道ロケでJRの線路が出てきたりして゜O゜(鉄分はそこだけ。

そんなNMB48の中の気になる存在は、AKB48の楽曲にも参加して露出度
高いこのお二人。

画像














NMB48のツートップ(左:さや姉:山本彩、右:みるきー:渡辺美優紀)

画像



















さらにもういっちょ!さや姉とみるきー

ちなみにこの画像のものはAKB48のアルバム(1830m)限定盤に付録の
写真集から抜粋したものですが・・・・。

1830mというタイトルは、秋葉原の劇場からその距離分離れた東京ドーム
コンサートをしたいという願望を叶えたいところから付けられたもの。

まぁここではアルバムは置いといて、話をヴァージニティに戻しましょう^O^ゞ。

AKB総選挙後の4ヶ月という異例の速さで嵌っていったのは、やはり友人の
HN氏の存在が大きかったですね。

入院中に大阪から学生時代の友人連中が見舞いには来てくれたのですが、
その時にまるで洗脳するかのように、ライブDVDを置いていったので、それを
病室のパソコンで見ていて次第に嵌ってしまったような感じ^O^;;。

まぁ入院する前からCD手に入れていたし、これで全国握手会は参加出来る
よなぁ?と、こっちが乗り気だったのは事実ですけどねー_ー;。

しかし入院期間が長引いて、地元関西地区の握手会の日程が11月になった
らしいことを知ると、次第にちょっと無理かも知れないなぁと思ったり;_;。

けれどそれは11月前半の祝日ではなくて、後半の3連休初日である事が判り
ほっとするやら何とやらー_ー;。

という訳で前夜に大阪の実家へ移動をして、当日はHN氏の車で迎えに来て
もらい向かった先は、神戸のポートアイランドだったのでした。

実はこの11/23と翌24日は同じ場所で全国握手会が行われることになってた
のですが、ヴァージニティの握手券で参加出来るのは23日がラストでした。

既に入手していた7thシングル「北川謙二」の握手券は翌24日に使えるのは
判っていたのですが、流石に2日連続神戸入りはいくら何でも・・・・ ̄^ ̄;。

ということでヴァージニティを優先することになりました。会場は神戸ワールド
記念ホールという普段は球技とか開催される場所ですが、ポートアイランドの
中ということで、車では近隣のIK○Aへ入庫することに。

そしてIK○Aから雨の降る中、ワールド記念ホールまで徒歩で移動。会場の
外には既に関連グッズを売るテントが出回っていました。

画像











ちょっと判りにくいけど、オフィシャルショップ(白いテント)が出店中

まだこの時点では朝も早い時間だったので、人影はまばらでしたが(雨の
せいもあるか)会場の中に入るために用意しないといけないのが・・・・。

これ↓

画像














CD(DVD付)に付属のイベント参加券

画像











ちなみにこのイベント参加券にはAとBの二種類があり・・・・

地域によってはAだけ。とかBだけとか分けられている事もあるようですが、
この日はどっちでも参加OKでした。

そして、都合3人でそれぞれ券を持って会場の中へ。この日は並ぶことが
なくてすぐに場内に入れましたが、握手会参加券と引き換えに貰ったチケ
ットによると、辿り着いたのは・・・・。

画像











スタンド席だったので、ステージまでめっちゃ遠いがなT_T

これではオペラグラスどころか双眼鏡が必要でしたorz(持ってなかった。

そうそう最初に書いておかないといけない事ですが、これ以降は場内が
「撮影、録画、録音」は禁止!となっているため、スマホと言えど大っぴら
にはシャッターを押す事は出来ないので、出場メンバーは写っていません
m(_ _)m。

この後正午からミニライブが行われ、メインの握手会はその後に座席から
退場する形でメンバーの居る所へ移動することになるのです。

自分も同行のHN氏親子も、推しメンのところへ並ぶことになりましたが、
推しメンなので、こればっかりは一緒になりませんー_ー。

結局、自分は一人、NMB一推しのさや姉(山本彩)の列へ。流石にツー
トップの片方だけに、みるきー(渡辺美優紀)と良い勝負なくらい列が長く
なっていきます。

画像



















こっそりー_ー撮ったからか、ブレましたorz

並んでる最中に握手会のメンバー構成を示した紙が貼ってあったので・・・・。

画像



















ツートップ以外は2人、3〜4人ずつなんです゜O゜

実際、握手会というものに参加するのはこれが初めて。よくテレビ番組で
AKBの握手会シーンは見ていましたから、やってることは似たり寄ったり
ですが、ただ単に握手するだけではなくて、何か声を掛けないといけので
二人ならともかく、3〜4人となるとそらもう大変でしょうなぁ。

冒頭にも書いているようにAKBとしても活動するさや姉は、確かに会いに
行けるアイドルではあるけど、もうこの時点で注目度抜群で画面の向こうの
人になっていたので、既に雲の上の人みたいな感じやしー_ー。

だんだん列は進んでいきますが、それでも自分の後ろには長い列が出来
ました。あと10人くらい先やなぁ。となった頃、ふと握手前にチケットを渡す
のが見えたので、これはいかん!ということで慌てて・・・・。

画像














結局、な〜んの証拠も無くなってしまうんだよなぁー_ー

握手会に行ってきた!というのは自分の記憶しか残りません。最近は写メ
会とかいうパターンでツーショットを残せる様にもなりましたが、参加するには
相当ハードルは高いですな(劇場版購入に抽選される始末やし。

まぁ流石に自分と一緒に並んで写真に写ってもらうのは恐れ多いー_ー;し
ま〜だ、そこまでは嵌ってませんでしたし?^O^;。

AKBが初期の頃、劇場に7人しか見に来なかった。という逸話は伝説にも
なっているけど、その頃だったら写真撮りまくりだったのかも。

もっともNMBは結成当時から順風満帆だったらしいから撮影禁止は世の常
だったでしょうけどね。

うーむ、どこまで語ってんねんやろー_ー<俺

そしてその後、自分はさや姉としっかりと握手してきました。メディアで見る
のとまったく同じ姿だったけど、以外にも小さくて「ほんまに可愛いかった!」
のが、もう忘れられない。

小さくて。というのは身長が高くないから。そういう自分も身長は低い方で、
男子としては「屈辱」だけど、それでも少〜し見下げる感じだったんですわ。

よくテレビの握手会シーンではファンと対話出来てるように見えがちだけども、
ビジター(初心者)には、まず対話なんて無理。とにかく10秒程度で移動を
させられるので、言葉を詰まらせたらもう即アウト>_<。

強者は「剥がし」と呼ばれるスタッフの静止をふりきって粘るやつも居るけど
その場を離れても、こっちを向いてくれてるのでそれだけでも印象は大違い。

ファンを大切にする。というアーティストは沢山居ますが、アイドルグループな
だけに、そこまでの印象は無かったので、ちょっと驚きでした。

しかし、どれだけ熱く語って書いても、それは参加者の記憶の中しか残って
くれないし、他人には伝わらんのですよねぇー_ー。

そんな訳で行列の待ち時間に対して、あっという間の出来事でしたね。握手
し終えると必然的に会場の外に出てしまいました。

画像



















これはワールド記念ホールのシンボルでしょうか?

外に出ると、握手会を終えた人、これからまだ握手会に参加する人、ただの
通行人など大勢の人でごったがえしています。

画像としては握手会シーンそのものは残せませんが、冒頭にも触れた様に
オフィシャルショップが出店しており、記念グッズは購入出来るようになって
いました。

でも、オリコンの売り上げランキングにも繋がる、CD(DVD付)も発売されて
いて、当然握手会参加券も封入されているバージョンですから、1回だけで
なくて何回もor他のメンバーと握手をしたいという人は買いまくりのようです
゜O゜。

自分も入手していないTypeA,Bのために買おうか一瞬悩みましたが、意志が
弱い?からか、踏み止まりましたー_ー。

その代り、グッズとして缶バッジだけは手に入れましたが。

画像














ロン毛に髪飾り、右はストラップ仕様、これで1000円税込也

ファン層は圧倒的に男性が多いように思うけど同年代の女性や女子高生に
好かれている「さや姉」。この時点ではまだ19歳。自分の歳の半分以下・・・・
(ちなみに先日、7/14は20歳の誕生日だった。

実はこの時点で後作の北川謙二に合わせてショートヘアーになっていたの
だけど、意外にもそれも似合っていて、より好きになったような=^-^=。

しかし普通、女の子が髪を大胆にカットするというと失恋とか噂されるからか
曲のイメージとは言え、ロン毛をバッサリというのは正直不思議に思ったのも
事実ー_ー。今じゃぁ見慣れて来たけど、そら11月前後は衝撃的でしたな。

さて握手も終えて5thシングル発売記念グッズも手に入れた。これで終わり?
かと思えば、なんとHN氏は一推しの愛にゃん(福本愛菜)と握手するために、
もう一度並んでくるって゜O゜。そう告げると氏の娘を自分に託して列に消えて
行ってしまいました。

画像














いつの間にか外でも長い列が出来ていたみたいで

聞けば娘さんの推しメンバーである、かなきち(門脇佳奈子)に一緒に並んで
しまったのでもう1枚残った握手券で「本命」に行きたいとのこと。

自分はCD1枚購入で既に1回こっきりという事は判っており、HN氏の娘さん
相手で会場の外に数十分ー_ー。

端から見れば親子のように見られても可笑しくないのだが、少々ガサツ過ぎ
には参りましたなぁー_ー;<娘ちゃん。

ついこの間まで低学年だったのに来年(つまり今年ね)は卒業生とかー_ー。
年頃もNMB研究生に近くなるので、本人もオーディション受けてみたいって
(あぁ自分にもそんな子が居て欲しかったよ;_;。

だから父ちゃんが戻ってくるまで子供用のガラケー(要は携帯ね)で様々な
ポーズで撮ってるんだから、見てるこっちが疲れてしまいました。

外で待っていても、座る場所さえあれば苦にはならないのだけど、落ち着き
ない娘ちゃんのおかげで横断歩道の向こう側へ移動。

すると、何やらこのイベントとは関係の無い看板が建っていました。

画像



















翌日は神戸マラソンの日でした

神戸マラソンと言えば、一年前のこと。鹿児島からじじぃ氏が三ノ宮へ高速
夜行バスで来て、ICOCAで神戸地下鉄〜神戸電鉄〜山陽電車と乗継いで
大雨の中、須磨海岸へ行った事を思い出すし、神戸空港へお見送りする際
ポートライナーは、このマラソン参加者の受付中で、もの凄く混雑していた事
思い出したものです。

在り来たりの感想だけど?、一年経つのって本当早いよなぁ・・・・ー_ー。

と思いつつ、もう少し迫って看板を・・・・(何のため?。

画像



















方角が判りやすく書かれていました

そしてそこから振り向けば、ワールド記念ホールの玄関口に群がる人人人。

画像














横断歩道は警備員も居ました

なんかチャリで渡ってる人も居ましたけど、一般人からすれば何事?だった
かも知れません。

白いテントはオフィシャルショップですが、握手会に参加しなくてもグッズ購入
出来るらしいので、コレクターは並んででも買いに行くでしょう。でも握手会の
会場に来て、それをしないのはファンとしては、どうなんでしょうかねぇ。

書きたい放題になっていますが、ようやく愛にゃんと握手会を終えたHN氏が
戻って来てくれたので、とうとうお開きとなり、まだごった返している会場から
離れました。

そして・・・・会場入りする前に寄ったIK○Aに戻ってきました。もちろん中身も
見て帰りましたが、買い物は。。。。^O^;;。

画像














しまった伏字の意味が無いやんか ̄^ ̄;

暫くこの神戸での握手会は無い?と思われるので、ここへ来ることも無い?
かと思いますが、まぁ自分としては電車で往復も考えていたんですが。

行きは大阪から一気に阪神高速を使いましたが、帰りはそんな急いで帰る
必要もなかろうということで、国道43号線で^O^。

という訳で、勢いそのままに行ってきた感じになりましたが、実は今後これを
ベースにして、どんどんエスカレートしていくことになってしまうのですが。

それは、その頃が来たら、また公開する。ということでm(_ _)m。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/23 ついに握手会に初参戦! 鉄(道)三昧 Part.II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる