鉄(道)三昧 Part.II

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/21 5087レ〜コンテナ標本?の1050レまで、再び

<<   作成日時 : 2013/07/06 01:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前日、7.5h遅れのスパーグリーンシャトルライナー撮影からスタートし念願の
5087レを、ようやく「らしい姿」で捕えた南草津カーブ。しかし予想以上に編成
後半で尻切れトンボの結果にイマイチ納得行かなかったので、翌日も撮影に
出掛けたのでした・・・・。

5087レの標準的な編成はコキ50000系による20両編成(日によって1両程度の
減車はある)。最後尾から4両には運用を限定しているのか20ft、30A〜30D
各3個ずつ積載されており、都合12個が連なる特徴があります。

ただ前日の釜正面気味では、そこまで構図内に収まらない結果でした・・・・。
東海道、山陽系統の貨物は24〜26両がザラですから、それよりも確実に短い
5087レなら最後尾まで入って欲しい気持ちはありましたー_ー。

そんな訳でリベンジのつもりでしたが、やはり撮り始めは釜正面からでした。

12:05・・・・

5087レ EF65-2066
画像













カーブではこの姿が自分の最もお気に入りの形ですが・・・・

画像













最後尾まで入れることを意識すると少し巻き気味にしなくては・・・・

どうでしょうか。姿を見せた瞬間から「今日は満コン?」と思える程、前半は
12ftが連なっていました。

しかし後方で一両空コキが見えており、冷蔵コンテナが1箱見えていますが
その後は線間に植わる札標識が遮っており、最後尾まで収まったのか不明。

この日も20両組成だったと仮定すると2枚目の巻き気味まで堪えたとしても
最後尾20ftまでは微妙ですねぇー_ー。やはり最後尾まで収めるには構図
そのものをもう少し引かないと無理のようです。ちなみにレンズは200mmの
最大でした。

手応えは掴んだものの、するりと指の間からこぼれ落ちたような印象・・・・。
5087レが狼川に消えて行ってしまうと、今度は上り貨物の撮影体制に転換。

12:09・・・・

1072レ EF210-147
画像













最初は狼川を越えてきた直後を

画像













色物のコンテナのみ撮影、先ずはJRFのUM12A

画像













西濃カンガルーですが、よく見ればUC7形でした゜O゜

この2種、TOMIXが模型で出しているもの、そのものでした。模型になる
ためには勿論実物が存在するからですが、実物に出会えて驚きましたね
^O^;。

前日は沢山タンク系が載っていましたが、本日は見かけませんでした。

次は運送会社系31ftで固められた1050レですが、本日はインカーブからの
撮影に。

12:21・・・・

1050レ EF210-156
画像













秋らしい景色の中、所定の吹桃でやって来ました

画像













日通U46A水色と飛脚さん

画像













フクツー青春引越便と日通U46A水色

画像













日本梱包とフクツー

画像













最後は飛脚マークの連チャン!

正午を過ぎて若干逆光気味なのですが、帰り道に近くなるので試してみた
次第です。

日通U46Aはトミーテックのトレーラーコレクションに積み荷として模型化され
ましたが、1050レを見る限り数個は載っているので1個じゃ物足りないかな。

ちなみに同じ形式で色違い(グレー)もありますが、これはトレコレではシクレ
なのだそうで゜O゜(これも1編成に数個載っていることあり。

メモリー書き込みの関係でシャッターが追いつかず、前よりには空が目立つ
ものの全てのコンテナの撮影が出来ないのがもどかしくなる程の編成でした
ー_ー。

という訳で、5087レの撮影結果から、ここ暫くは通うことになりそうです・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/21 5087レ〜コンテナ標本?の1050レまで、再び 鉄(道)三昧 Part.II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる