鉄(道)三昧 Part.II

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/18 折角なら湖西線で・・・・

<<   作成日時 : 2013/06/25 01:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

普段はクルマで撮影に来るSL北びわこ号。しかし今年(2012)は入院中に
クルマを手放したことで、それが出来ないため初の電車利用で午後に湖北
へと来て撮影。そして無事に米原への回送も撮影を終え、後は帰路に就く
だけ・・・・でしたが。

空模様が怪しいものの、虎姫駅で遅4076レを撮影した関係でそのまま米原
へと出る気持ちが無くなってしまった自分。

というのも虎姫駅では16時台の電車は下り(つまり塩津方)の方が先に来る
のでした。

回9244レの撮影後から空模様は雲だらけで薄陽も挿さなくなったのですが、
何となく湖西周りで帰ってみても良いのでは?と思った訳です。

冒頭にも書いているように、普段あまりJR乗りません^O^;から、こういう時
くらい乗り鉄して琵琶湖一周するのも良いんじゃないかって。

というわけで、4076レを撮影した長いホームを電車停車位置まで戻り、16:19
近江塩津行に乗車。

恐らく初めてとなる近江塩津乗り換えを体験。

画像











降車後、駅名票と共に乗ってきた電車も

なるほどこの駅は「乗り換え駅」と言われることがよく判ります。米原方面
から来た電車の隣のホームに、湖西線経由の新快速がやって来て止まる
のですからねぇー_ー。

今までは下を通る国道8号線から見上げる事が多かった近江塩津駅。今、
そのホームに立っていることが凄く新鮮に思えました。

虎姫から乗ってきた近江塩津行の車掌アナウンスが物語るように?殆ど
降りた乗客は敦賀からやって来る湖西線経由の新快速に乗り換えるよう。

そういう自分も同じことを考えていたのですが、実は5分で姫路行に連絡
しているという!゜O゜。

そして滞在時間4分〜5分程度でまた新快速の乗客となるのでしたorz。
(ちなみに敦賀へ行きたい場合は、ここで25分待つ必要があるー_ー。

琵琶湖環状線構想が本当に生かされている?ように思いますが、自分は
そのまま行くのではなくて、2つ先のマキノで降りてしまうのでした^O^;。

なんで?って。

それは・・・・3099レが撮りたいから。

確か午後のSL北びわこ号関連を撮ってから、クルマでマキノに来たら、
17時前後に来るのがEF81牽引の3099レだったように記憶していたので。
(でも、まだ雷鳥現役の頃の話。

そんな訳で近江塩津から乗る事10分でマキノに到着。何の躊躇いもなく
降車した自分。

発車しようとする姫路行をスマホで。反対側には敦賀行が!

16:51・・・・

画像











敦賀行が先に発車していきました(だから流れている・・・・

電車を降りると階下にある改札口へ行く訳でもなく、走り去った223系を追い
かけるかの如く、京都方のホーム先端へ。

自分の記憶では今トンネルで抜けて来た追ノ坂峠を17:01に通過するという
ことで、待つこと数分でEF81が・・・・。

のはずでした。しかし北陸特急がJR型に統一された年の改正から3099レの
通過時刻は少し繰り下がった事を忘れてしまっており、17時を過ぎても来る
はずが無いorz。

しかも新快速を降りた頃はまだ明るさの残っていたホーム先端も、たったの
10分程で急に日暮れ〜夜の様相に!

これはアカンわ ̄^ ̄;。

大急ぎで照明のあるホーム中程へ移動。着いた時に都合よく上下の電車が
発着しましたが、今は誰も居ない・・・・。

いつも撮影待ちでは10分やそこいらはすぐに経ってしまう気がするのに、ここ
17時を過ぎて辺りが真っ暗になったマキノでは、それが非常に長く思えます。

そして下り電車を降りてから25分が過ぎ、敦賀方面に電車接近アナウンス。

何が来るのか、3099レ?それとも・・・・。

17:16・・・・

画像













681系先頭のサンダーバードでした

どうですか?、高速シャッター撮影の加減もあるのですがホーム照明に助け
られているとは言え、暗いですねぇー_ー;。

国鉄形の485系が撤退し、681系と683系にとって替えられた北陸特急の座。
しかし、この681系も登場から既に20年が経過したんですよねぇ。

雷鳥を英語化してイメチェンを図った愛称ですが、この流線型フォルムが当時
流れていた特撮番組モチーフのCMで近未来風に見えて、新鮮に感じたもの
です。

登場時は9両編成で両端が流線型先頭車であり、今日見られる貫通型先頭
車両は存在しませんでした。その後の運用範囲の拡大(能登半島運用)など
必要に応じて分割併合対応化された訳ですが、その後増備された683系40
00番台編成は、貫通扉付電気釜スタイル。言わば485系進化型とも言える
フォルムでやっぱり特急電車=電気釜とでも言うのでしょうか。

後継改良の683系登場によって運用も共通化されたことから、両端が681系
統一というのも、なかなかレアな存在になりつつありますね。

また自分に至ってはこの681系の撮影自体が稀になってしまっています・・・・。

さて突然現れたサンダーバードを撮影したことで、こんだけいろいろと綴って
しまいましたが、本題だったEF81牽引の3099レはまだ来る気配がありません
でしたorz。

予定では撮影後すぐに発着する近江今津行に乗車するつもりでしたが、目的
達成出来ていないので到着しても乗ることが出来ませんー_ー;。

17:27・・・・

画像













階段近くに停車した521系

反対側のホーム上に人影が見えますね。次の近江塩津行を待っている人の
ようですが、他には居る気配がありません(寂しいですね。

521系が発車していきます。車掌がこっちの方を見ていましたが、乗らない?
ジェスチャーでドアを閉めてました。

カメラを首からぶら下げていたのですが、そんな風には見えなかったのかな。
どっちにしても琵琶湖環状線構想前はここはディーゼルが活躍していた区間
列車ですから、今でもローカル線なのです。

521系の車内の灯りが百瀬川の方へ向かって曲がっていくのが遠目に見え
ます。

すぐ近くを国道161号線がクロスしているのですが、騒音は時々通る大型の
トラックの音ぐらい。ほんと静寂という言葉もこの湖西線では健在のようで。

貨物を待っている間も敦賀方面から大阪へ向かうサンダーバードが通過して
行ったのですが、列車接近をアナウンスする自動放送だけが空しく響くだけ。

するとその自動放送が塩津方のホームで響きました。ヘッドライトが2つだけ
輝いています。

もしかして3099レ?!。

17:29・・・・

3099レ EF81-723
画像













やっぱりホーム照明を使っても暗い撮影になりました

こういう形での撮影というのは年々振り?でしょうか。というかホーム照明に
よる釜への光源反射の予測を手前に持って行き過ぎ、結果的に理想の位置
では正面まで光が届きませんでした・・・・。

なので釜番が判るこのショットでm(_ _)m。ISO3200まで上げていても1/400
しか確保出来てません。本来なら1/100以下で流すべきでしょうねー_ー。

それにしても・・・・30分も通過が繰り下がっていたとはなぁ゜O゜。これは冬場
撮影は不可能ですね(近江今津以西でないと。

という訳で下車したことで寒い中無理して待って、ようやく撮影した3099レ。
でしたが、実はこの後の上り電車がまださらに1時間も待たないと乗れない
ということに気付いてませんでした。

3099レが通過して20分後。近江今津へ向かった521系が戻ってきました。

17:50・・・・

画像











またまたスマホで撮影^O^;

既に一眼レフは仕舞い込んでいましたからねぇー_ー。今津と塩津シャトル
運転のようですが、これで塩津へ戻るとここまで来た意味が無いので、仕方
なく上り到着を待つのですが、実はこれが・・・・。

画像



















何と18時台には26分の近江今津行1本しかなくて・・・・>_<

もうネタですよ、ネタorz。

朝の6、7時台と夜19時台に2本ずつある以外はぜーんぶ1本ずつ ̄^ ̄;。

マキノって観光地ですよねぇ?、スキー場もあるはずですし(まだシーズンオフ
やけど。

幼稚園ぐらいの頃にマキノスキー場へソリ遊びしに来たのを思い出しましたが
その時は永原行の113系だったような。

こんなことだったらもっと西で3099レを撮るべきでした。まさかこんな所で1時間
電車待ちになろうとはT_T。

画像











ここはカタカナ駅名が世にも珍しい有名な駅ですが・・・・

北陸特急街道で、かつて急行電車が停車していたスジが今はサンダーに
召し上げられ、便によっては近江今津と大津京にも停車する昨今ですが、
通勤通学以外はマイカー派が多いということでしょうか。

もうぼやいても、しゃぁありませんー_ー。

18:26まで待合室の中に居ることに。座席には座布団が敷いてありました。
沿線の利用者が用意したものでなのか・・・・。

冷たいお尻が何となく温かくなったような気がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/18 折角なら湖西線で・・・・ 鉄(道)三昧 Part.II/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる